未分類

2017年1月15日(日) 礼拝宣教要旨 「アダムの罪と神の対応」創世記第3章8-13節

2017-01-15
2017年1月15日(日) 礼拝宣教要旨 西川口キリスト教会 斎藤信一郎   主題)「アダムの罪と神の対応」創世記第3章8-13節 「その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。」3章8節前半 ...

2016年11月20日(日) 礼拝宣教要旨「神が整えられた生活必需品」創世記2章8-15節

2016-11-21
2016年11月20日(日) 礼拝宣教要旨 西川口キリスト教会 斎藤信一郎   主題)「神が整えられた生活必需品」創世記2章8-15節   「主なる神は、見るからに好ましく、食べるに良いものをもたらす ...

2016年11月13日(日) 礼拝宣教要旨 「ひと呼吸の人生」創世記2章4-7節

2016-11-16
2016年11月13日(日) 礼拝宣教要旨 西川口キリスト教会 斎藤信一郎   主題)「ひと呼吸の人生」創世記2章4-7節   「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を ...

2016年度 教会バザーのご案内

2016-10-10
今年もバザーの季節がやって来ます。 11月3日(木・休)  朝10時30分よりスタートです。 お誘いあわせの上、お越しください。お待ちしております!

2016年10月9日(日) 主日礼拝宣教要旨「人間の目線で語る神」創世記1章2節

2016-10-10
2016年10月09日(日) 礼拝宣教要旨 西川口キリスト教会 斎藤信一郎   主題)「人間の目線で語る神」創世記1章2節 「地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。」    この創世記シリーズ ...

2016年9月25日(日) 礼拝宣教要旨 「イエスに倣って生きる」ルカによる福音書10章25-37節

2016-09-27
2016年9月25日(日) 礼拝宣教要旨 西川口キリスト教会 朴 思郁   宣教題)「イエスに倣って生きる」ルカによる福音書10章25-37節 「イエスは言われた。『行って、あなたも同じようにしなさい。』」(ル ...

2016年9月25日(日)神の国はどこに?

2016-09-21

☆9月25日(日) 11:00~12:15

☆招詞 ルカによる福音書 12:54〜56

☆宣教 森 淳一牧師

☆聖書箇所 ルカによる福音書 17:20〜21

☆宣教題 「神の国はどこに?」

17:20 ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言われた。「神の国は、見える形では来ない。

17:21 『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」

 

(新共同訳)

2016年7月17日(日) 礼拝宣教要旨 「体のともし火は目」マタイによる福音書6章22-23節

2016-07-21
2016年7月17日(日) 礼拝宣教要旨 「体のともし火は目」マタイによる福音書6章22-23節 「体のともし火は目である。目が澄んでいれば、あなたの全身が明るいが、濁っていれば、全身が暗い。だから、あなたの中にある光が ...

2016年6月5日(日) 主日礼拝のお知らせ「この世の旅人として」

2016-05-31

☆6月5日(日) 11:00 -12:15

☆招詞 エレミヤ書29:11

☆宣教題 「この世の旅人として」

☆宣教 森 淳一牧師

☆聖書箇所 ペトロの手紙一1:1~9

1:1 イエス・キリストの使徒ペトロから、ポントス、ガラテヤ、カパドキア、アジア、ビティニアの各地に離散して仮住まいをしている選ばれた人たちへ。

1:2あなたがたは、父である神があらかじめ立てられた御計画に基づいて、“霊”によって聖なる者とされ、イエス・キリストに従い、また、その血を注ぎかけていただくために選ばれたのです。恵みと平和が、あなたがたにますます豊かに与えられるように。

1:3わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように。神は豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え、

1:4 また、あなたがたのために天に蓄えられている、朽ちず、汚れず、しぼまない財産を受け継ぐ者としてくださいました。

1:5あなたがたは、終わりの時に現されるように準備されている救いを受けるために、神の力により、信仰によって守られています。

1:6それゆえ、あなたがたは、心から喜んでいるのです。今しばらくの間、いろいろな試練に悩まねばならないかもしれませんが、

1:7あなたがたの信仰は、その試練によって本物と証明され、火で精錬されながらも朽ちるほかない金よりはるかに尊くて、イエス・キリストが現れるときには、称賛と光栄と誉れとをもたらすのです。

1:8あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれています。

1:9それは、あなたがたが、信仰の実りとして魂の

(新共同訳聖書)

【写真は、教会内にある託児室です。毎週教会学校の時間になると子どもたちの楽しい声が聞こえてきます。】

2016年5月1日 教会学校分級資料 聖書箇所

2016-04-29
5/01日 ヨハネの黙示録 12章1-18節「 天から投げ落とされた赤い竜 」 総合テーマ 神様のこれからのご計画 …すぐにも起こるはずのこと…そしてすでに始まっていること…   黙想のポイント1 前回と今回の ...

2016年4月24(日) 礼拝宣教要旨 主題「心の中から罪は始まる」 マタイによる福音書5章27-30節

2016-04-25
礼拝宣教要旨 西川口キリスト教会 斎藤信一郎 主題)「心の中から罪は始まる」 マタイによる福音書5章27-30節 「しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである ...

エゼキエル書2章1~3章15節 「主の言葉を語り続けよう」 4月13日

2016-04-13

第一次バビロン捕囚期から活動を始めた預言者エゼキエルの召命の箇所です。主がエゼキエルを選び、主の霊(力)によって立たされていきます。その働きは孤独で厳しいものであり、苦境に立つことも意味します。さらにその働きは「効果・成果」は期待できない世界ですが、ただ語り続けることが彼の使命でしたが、その中で彼が語り続けるためのエネルギーは「神から与えられる言葉」です。それは神の悲しみと呻きと嘆きの言葉。でもその言葉が人に受け入れられる時、その人も、エゼキエルも救いを与えられるのです。神の悲しみの言葉は「蜜のように口に甘かった」。きっとそれは人を救おうとする神の愛の広さと豊かさに起因するものなのでしょう。そして彼は主の力を受け民の中に歩み出すのです。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 福生バプテスト・キリスト教会。福生市加美平1-24-17にあります。祈りの課題は以下です。①教会員の病のいやしのために。②老人ホームにいる教会員のために。③求道者の救いのために。牧師・稲見元彦。

4月23日(土)♪歌カフェ ミニバザー♪のご案内

2016-04-06

春のひととき

みんなで賛美歌を歌って、ランチを食べて、お喋りして過ごしませんか?

ミニバザーコーナーもあります💛

どなたでも大歓迎です! どうぞいらして下さい。

☆日時: 4月23日(土) 11:00~13:00

☆場所: 高崎キリスト教会(高崎市中居町4-31-11)

☆参加費: ランチ(ケーキ・コーヒー付) 300円

 

 

2016年2月28日(日) 礼拝宣教要旨 「大事な決断をする時」 創世記13章10-18節

2016-03-02
宣教要旨  西川口キリスト教会 斎藤信一郎 創世記13章10-18節 「ソドムの住民は邪悪で、主に対して多くの罪を犯していた。」(13節)  アブラムの配慮で分かれて暮らすに際して、先にどこに住むのか選択権を与えられたロ ...

2016年1月17日「御言葉による勝利」マタイによる福音書4 章1-11節 (斎藤信一郎牧師)

2016-01-20
「御言葉による勝利」 マタイによる福音書4 章1-11節 「すると、イエスは言われた。「退け、サタン。『あなたの神である主を拝み、/ただ主に仕えよ』/と書いてある。」 そこで、悪魔は離れ去った。すると、天使たちが来てイエ ...

群馬バプテスト交流会がありました。

2016-01-14

2016年1月11日(月)、日本バプテスト前橋教会において、

『群馬バプテスト交流会』が行われました。

今回で6回目、すっかり冬の恒例行事になりました。

今回のテーマは「明日の群馬伝道を考える~賜物の発見」。

前橋教会の他、太田伝道所、太田ビジョン伝道所、高崎教会と

群馬の4教会が会し、伝道について語り合い、賜物についての証し

もありました。昼食をはさんで、軽スポーツ大会。

子どもたちからご年配の方々まで

楽しい時間となりました。

子どもたちの作品発表。きれいにできました!

子どもたちの作品発表。きれいにできました!

 

軽スポーツ大会は、パターゴルフ。教会対抗戦でした。

軽スポーツ大会は、パターゴルフ。教会対抗戦でした。

ヨハネによる福音書12章27~36a節 「光を求めよう」 12月17日

2015-12-17

地上から「上げられる」とは十字架上での死を意味します。この世の常識でいえば、イエスの受難や十字架上での出来事は「栄光」とは思えません。勝利や成功こそ人の「栄光」と言われます。しかし、ヨハネは人が羨み、光輝く世界だけが栄光ではなく、暗闇を担いつつ、苦しみもがき、しかし、その暗闇の中でこそ輝く光こそ、イエスの「栄光」と語るのです。それは失うことによって得る、命の大逆転。敗北は栄光へ、悲しみは勝利へと大転換するその恵みが上から与えられるのです。「光あるうちに歩け」。それは今の時、あなたがまだ生かされている時のことです。光を失う恐れを知っている者は、今、主の光を分けて頂こう。キリストの光があなたの道を照らすように。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 岡山バプテスト教会。岡山市北区田町1-7-28にあります。岡山駅から歩いても生ける距離で、近くには川や並木があり、とても光景の良いところです。この教会の梅田牧師は私も尊敬する牧師(男性です)の一人です。教会の建物はとても古く味わいがあります。昔から、岡山大学の学生などが多く出席していましたが、今はどうでしょう。クリスマスにはぜひこの教会をお訪ねください。教会の祈りの課題は以下です。①現行憲法を遵守する教会を目指す。②3・11を記憶する教会を目指す。③連盟・連合と協働する教会を目指す。牧師・梅田 環

クリスマスのお知らせ

2015-11-26

どなたでもご参加いただけます。

ぜひ、ご一緒にイエス様のご降誕をお祝いいたしましょう。

ご不明な点は、教会へお問い合わせください。

TEL:027-353-6228

※「お問合せフォーム」もご利用ください。

使徒言行録7章23~29節 「ステファノの説教より」 6月15日

2015-06-15

先週の月曜も同じ個所を読みました。なるほど、ステファノの説教を小刻みに読めということでしょう。モーセは「自分がイスラエル人」であることを知り、その自分が、イスラエル人を抑圧している側にいるという板挟みに入ります。イスラエル人を虐待していたエジプト人を殺す、しかし、イスラエル人にも彼は受け入れられません。「板挟み」になることは私共もあります。それは不安定な状況であり、生き辛いこと。モーセは手順を間違えたのでしょう。中途半端に立つ時にはうまくゆきません「板挟み」になる前に自分の立場を自ら決断すべきでした。モーセは立場を見失い、ミディアンの地に逃げます。「負い目」を背負い、立場が定まらないモーセ。その姿は私共の経験と重なります。

<日本バプテスト連盟 教会・伝道所を覚えての祈り> 日本バプテスト連盟 大富キリスト教会。宮城県黒川郡富谷町日吉台にあります。仙台市のベッドタウンでしょう。昨年くらいから小田衛牧師が就任されました。協力牧師の金子純男先生は連盟の理事長など、連盟のリーダーとしてよい働きをされた先生です。高齢にはなられましたが、教会と神さまに仕える思いにいつも感謝しております。

2015年4月26日(日) 主日礼拝のご案内 「神の国への招き」

2015-04-20

☆4月26日(日) 11:00 – 12:15

☆招詞 詩編 90:3~4

☆宣教題 「神の国への招き」

☆宣教 森 淳一牧師

☆聖書箇所 ルカ 14:1~14

<安息日に水腫の人をいやす>

1 安息日のことだった。イエスは食事のためにファリサイ派のある議員の家にお入りになったが、人々はイエスの様子をうかがっていた。
2 そのとき、イエスの前に水腫を患っている人がいた。
3 そこで、イエスは律法の専門家たちやファリサイ派の人々に言われた。「安息日に病気を治すことは律法で許されているか、いないか。」
4 彼らは黙っていた。すると、イエスは病人の手を取り、病気をいやしてお帰しになった。
5 そして、言われた。「あなたたちの中に、自分の息子か牛が井戸に落ちたら、安息日だからといって、すぐに引き上げてやらない者がいるだろうか。」
6 彼らは、これに対して答えることができなかった。

<客と招待する者への教訓>
7 イエスは、招待を受けた客が上席を選ぶ様子に気づいて、彼らにたとえを話された。
8 「婚宴に招待されたら、上席に着いてはならない。あなたよりも身分の高い人が招かれており、
9 あなたやその人を招いた人が来て、『この方に席を譲ってください』と言うかもしれない。そのとき、あなたは恥をかいて末席に着くことになる。

10 招待を受けたら、むしろ末席に行って座りなさい。そうすると、あなたを招いた人が来て、『さあ、もっと上席に進んでください』と言うだろう。そのときは、同席の人みんなの前で面目を施すことになる。

11 だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」

12 また、イエスは招いてくれた人にも言われた。「昼食や夕食の会を催すときには、友人も、兄弟も、親類も、近所の金持ちも呼んではならない。その人たちも、あなたを招いてお返しをするかも知れないからである。

13 宴会を催すときには、むしろ、貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人を招きなさい。

14 そうすれば、その人たちはお返しができないから、あなたは幸いだ。正しい者たちが復活するとき、あなたは報われる。」

(新共同訳聖書)

15.4.19

 

« Older Entries