ローマの信徒への手紙3:21〜26

2016年6月28日(日)主日礼拝のお知らせ「価なしに義とされる」

2016-06-21

☆6月28日(日) 11:00 -12:15

☆招詞 コリントの信徒への手紙二5:17

☆宣教題 「価なしに義とされる」

☆宣教 森 淳一牧師

☆聖書箇所 ローマの信徒への手紙3:21〜26

3:21 ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。

3:22すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。そこには何の差別もありません。

3:23人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、

3:24ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。

3:25神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。

3:26このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。

(新共同訳聖書)

【写真は、教会内で貸し出している聖書と賛美歌です。礼拝時は是非お気軽にご利用ください!】